分煙対策・喫煙スペースを専門スタッフが丁寧にご提案致します。
補助金の申請もご相談下さい。

福山熱煉工業 株式会社 様WORKS

施設別 導入事例WORKS

福山熱煉工業株式会社様
  • 広島県
  • 工場

福山熱煉工業
株式会社

導入商品:スモーキングサイトST

金属熱処理一筋で創業50年。
広島県に拠点を構える福山熱煉工業株式会社様に、テラモトの屋外喫煙所「スモーキングサイトST」を納品させて頂きました。
ご担当者様の「喫煙者と非喫煙者が共存できる環境をつくりたい」という想いのもと、2020年4月からの改正健康増進法にも対応した喫煙所を整備することで、社内の労働環境改善だけに留まらず、福山熱煉工業株式会社様の企業イメージアップにも貢献することが出来ました。
今回テラモトの屋外喫煙所を導入するにあたって、もともとあった喫煙所の問題点についてのご相談や、テラモトを選んでいただいた決め手等、対談形式でご紹介させて頂きます。

福山熱煉工業株式会社様

  • 福山熱煉工業株式会社様
  • 福山熱煉工業株式会社様
  • 福山熱煉工業株式会社様

INTERVIEW

お客様について

テラモトテラモト
事業所の規模や従業員数、その中で喫煙者の割合はどれくらいですか?
福山熱練岡田様福山熱煉工業
株式会社
岡田様
今回対象の工場は25500㎡で従業員数は160名です。
そのうち喫煙者の割合は約3割です。

現状の喫煙所について

テラモト
今までの喫煙室(屋内)の問題はありましたか?
福山熱練岡田様
喫煙室としての部屋が無い為、煙・匂いがあり吸わない人が
不快に思っていました。
テラモト
喫煙に関して、社内でルールなどはありますか?
また、屋内→屋外移設にあたって、変わった部分はありますか?
福山熱練岡田様
屋内喫煙場所を廃止し、屋外喫煙場所を設け、必要最小限の数にしました。
テラモト
全面禁煙をご検討されたことはありますか?
今回全面禁煙にしなかった理由は何でしょうか?
福山熱練岡田様
全面禁煙にするつもりはありませんでした。
喫煙者と吸わない人が共存できる環境を考えました。
テラモト
喫煙所を屋内から屋外に移した理由は何でしょうか?
福山熱練岡田様
法改正の厳しい基準をクリアするのが難しい為、屋外喫煙所の設置にしました。
テラモト
喫煙所整備にかかる予算についてどの程度の金額をイメージされていましたか?
また、予算感と実際の金額のギャップはありましたか?
福山熱練岡田様
100万円程度で考えていましたが、予想よりも金額の開きがありました。
テラモト
オーナーは喫煙者ですか?社内稟議を通すにあたって苦労したことはありますか?
福山熱練岡田様
オーナーは非喫煙者です。安全衛生委員会で議題にし
意見をまとめて聞いてもらい、理解してもらいました。
テラモト
4月に屋内喫煙室を閉鎖して、屋外に移したとのことですが、
その時点の屋外喫煙所はどのような状況でしたか?
また、喫煙所について問題・クレーム等はありましたか?
福山熱練岡田様
灰皿を置いただけ、喫煙者の姿が丸見えでした。
副流煙の受動喫煙問題、喫煙者の姿が見苦しい、お客様から丸見えになる等の
問題がありました。

STに決めた経緯確認

テラモト
弊社のスモーキングサイトSTを選んでいただいた決め手は何でしたか?
福山熱練岡田様
基礎工事がいらない、設置が早い、移設可能であることでした。
テラモト
スモーキングサイトSTを設置するにあたって、ご不安な点などはありましたか?
弊社からのご説明で、その不安は解決しましたか?
福山熱練岡田様
置き型であることによる強度の問題、転倒しないかについて不安でしたが、提案時の説明を受けて納得できました。
また、実際に施工された実物を見せてもらい、安心できました。

感染症対策について

テラモト
コロナ渦でいろいろな感染対策をされているかと思いますが、喫煙所において感染対策はされていますか?
福山熱練岡田様
密閉空間にしないこと、喫煙後は喫煙所内に留まらない事を注意喚起しています。

設置後のご意見

テラモト
スモーキングサイトSTを導入して解決した問題や、良くなった点などありますか?
福山熱練岡田様
現状の問題やクレームをクリアでき、見栄えも良くなりました。
テラモト
今まで使っていた屋内喫煙室は、今後どのように利用される予定ですか?
福山熱練岡田様
喫煙専用の場所が出来たことで、従来の喫煙場所を休憩所や応接室、荷物置場等に使うことが出来るようになりました。

終わりに

テラモト
最後に、テラモトを選んでいただいた決め手は何でしたか?
福山熱練岡田様
親切丁寧に対応していただき、移設可能な置型式を扱っていたことが決め手でした。

2020年4月以降の喫煙所の姿

2020年4月から全面施行された改正健康増進法により、多くのお客様からお問い合わせが増えています。
中でも、「原則屋内禁煙になってしまったので、屋外に喫煙所を設置したい」といったお問い合わせが多い傾向にあります。

その理由のひとつとして、屋内喫煙所を設ける場合、喫煙室の入口風速0.2m/s以上を確保(入口ドアを完全に開放した状態で)しなければいけない等、屋内に喫煙所を設置するためには厳しい基準があります。

それに対して、屋外喫煙所は以下の3点さえクリアできれば設置することが可能です。
1.喫煙場所が非喫煙場所と明確に区画分けされていること
2.喫煙できる場所である旨が記載されている標示がされていること
3.施設の利用者が通常立ち入らない場所に設置すること(建物の裏や屋上等)

このように、屋外喫煙所は屋内喫煙所と比べて導入のハードルが低くなっている為、元々は屋内に喫煙所を設けていたものの、法改正によって屋外に喫煙所を移設するケースが増えています。

今回施工させていただいた福山熱煉工業株式会社様でも、屋内喫煙所に対する厳しい基準にお悩みでしたが、テラモトのスモーキングサイトSTを導入していただき、そんなお悩みを解決することができました。

当初想定されていた予算感とのギャップはありましたが、スモーキングサイトSTが「置型」であることのメリットや、ご不安材料であった安全性等をご説明させていただき、最終的にご満足いただくことができました。

「法律が厳しくなったから」という理由から、喫煙所自体を閉鎖してしまうケースも残念ながら少なくありません。
福山熱煉工業株式会社様のように「喫煙者も非喫煙者も共存できる環境」をひとつでも多くつくる為、テラモトのスモーキングサイトがお役に立てればと願います。

お問い合わせ・資料請求はこちら