屋外喫煙所・喫煙スペースの製品および納入事例、豊富にございます。
お気軽にお問合せ下さい。
健康経営と分煙対策コラム

2022.08.02 分煙対策・受動喫煙対策
三次喫煙はデマなのか?そう言われている理由とは?

皆さんは、「三次喫煙」という言葉をご存知でしょうか?
インターネット上などでは、「三次喫煙はデマ」だという人もいます。
今回は、「なぜデマだと言われてしまうのか?」その理由について見ていきましょう。

新しい概念であり研究結果が少なく、明確な影響が不明

受動喫煙という言葉は、多くの人が知っていると思いますが、「三次喫煙」について知っている人はそれほど多くないはずです。
インターネット上では、「デマ」であるという人もいます。
では、「なぜデマだと言われてしまうのか?」。
その理由は、次のような理由からです。

○ 新しい概念であるため
○ 研究結果が少ないため
○ 健康への明確な影響が不明なため

デマだと言われてしまう大きな理由の1つは、新しい概念であるためです。
そのため、受動喫煙などに比べると、世間ではあまり認識されていない、浸透していないためデマであると言われてしまうと考えられます。

それから、研究結果が少ないというのもデマだと言われてしまう理由の1つです。
受動喫煙などと比較すると、研究の数が少なく信ぴょう性がないということで、デマだと主張する人もいます。
また、研究の数が少ないという関連で言えば、健康への影響が明確になっていないということも理由です。

不明確な部分は多いものの、他の人に何かしらの影響を与えてしまう可能性があるのであれば、必要な対策を行うべきと言えるでしょう。

たばこの有害物質を他の人に吸わせないことが大切

ここまで、解説してきたように「三次喫煙」には、不明確な部分があることはたしかです。
しかし、だからと言って他の人に何の影響もないとは言い切れません。
そのため、たばこの有害物質を他の人に吸わせないようにすることが大切です。
受動喫煙はもちろん、三次喫煙についてもしっかりと考え行動しましょう。
三次喫煙は喫煙者が気をつけて行動しなければ、防ぐことは難しいと言えます。
周りの人への配慮や影響について考えておきましょう。

まとめ

三次喫煙はインターネット上などで「デマ」と言われてしまうことがあります。
これは、新しい概念であり、研究の数が少なく、健康被害への明確な影響などが不明であるためです。
そのため、デマだと言われてしまうことがあります。
ただし、完全にデマだと決めつけることはできませんし、何らかの影響があるのなら、十分な配慮を行うべきと言えるでしょう。
喫煙者が気をつけて行動することも非常に大切です。

お問い合わせ・資料請求はこちら