屋外喫煙所・喫煙スペースの製品および納入事例、豊富にございます。
お気軽にお問合せ下さい。
健康経営と分煙対策コラム

2022.12.19 喫煙所コラム
屋上に喫煙スペースを設置して望まない受動喫煙を防止する!

法律の改正によって、受動喫煙防止がルール化されました。
しかし、中には屋外に喫煙スペースを設置しただけで望まない受動喫煙を防止できていないというケースも多いようです。
今回のコラムでは、「屋上に喫煙スペースを設置することで望まない受動喫煙を防止できる!」ということを解説します。

屋上ならほとんどの人が立ち入らない!

受動喫煙防止がルール化されたことによって、多くの場所では屋外に喫煙スペースが設置されるようになりました。
屋内に喫煙スペースを設置するよりも条件が厳しくないため、屋外に設置するケースが多くなっています。
しかし、設置しただけで「望まない受動喫煙を防止できていない」ケースも多いようです。
設置している場所が、非喫煙者も通る場所になっている、建物の近くに設置されていて風で建物内に煙や臭いが流れ込んでしまうというもの。

このような状況をそのままにすると、やがて大きなトラブルになってしまうでしょう。
また、禁煙を推奨するような流れとなり、喫煙者と非喫煙者の共存が難しくなってしまう可能性が高まります。
そこで注目したいのが、「屋上に喫煙スペースを設置する」ということです。
まず、大きなメリットは「ほとんどの人が立ち入らない場所であること」。
ただ、屋外に設置しただけでは非喫煙者が近くを通る可能性があります。
ですが、屋上に設置してしまえば非喫煙者がわざわざそこに立ち入るというケースは考えにくいでしょう。
喫煙者のみが、喫煙をするために立ち入る場所として周知しておけば、望まない受動喫煙を防止できる可能性が高くなります。
喫煙者と非喫煙者による無用なトラブルを事前に回避できるのです。

施設の種類によっては一定の条件を満たす必要がある!

望まない受動喫煙を防止するためには、屋上に喫煙スペースを設置するのが良いと解説しました。
ただし、ただ設置をすればよいというものではありません。
施設の種類によっては、一定の条件を満たす必要があります。
学校・病院・行政機関の庁舎・児童福祉施設などの第一種施設では、敷地内禁煙です。
しかし、「特定屋外喫煙場所」の設置は認められています。
この特定屋外喫煙場所とは、施設を利用する人が通常立ち入らない場所とされており、建物の裏や屋上などが該当。
第一種施設では、特定屋外喫煙場所として屋上に設置できるのですが、他にも2つの条件をクリアしなければなりません。
「喫煙場所と非喫煙場所が区画されていること」「喫煙場所であることがわかるように標識を掲示すること」という条件です。
そのため、設置する前に条件について正しく理解しておくことが重要となります。

パーテーションを設置するのも効果的

喫煙スペースを設置する場合、灰皿やベンチを設置すれば十分と思っていませんか?
たしかに屋上であれば、ほとんどの人が立ち入らない場所ですのでそれで十分と考えてしまうかもしれません。
ですが、より効果的なのはパーテーションを設置することです。
パーテーションには、様々な役割がありますが、大きな役割として挙げられるのは2つ。
まず、1つは他の人の視線を遮断できることです。
屋上なら、他の人の視線は気にならないと思うでしょうが、周りにも多くの建物がある場合、他の建物の人と目が合い落ち着かないという場合もあります。

そのような他の人の気になる視線を遮断できるのが、パーテーションの大きな魅力です。
それから、もう1つの大きな役割は建物内に煙や臭いが入り込むのを防ぐというもの。
たばこの煙や臭いは、皆さんが想像しているよりもずっと遠くまで届くと言われています。
ですから、ほとんど人が立ち入らない場所であってもドアの開閉などで建物内に流れ込んでしまう可能性があるのです。
煙や臭いが流れ込むのを防ぐという点でも大きな魅力があります。
弊社でも屋上に設置可能なパーテーションをご用意しておりますので、これから設置を検討しているという方は、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

サイズや形状などのバリエーションも豊富です。
中でもウエイト式はとてもおすすめ。
基礎工事がいらないですし、移動可能だからレイアウトの変更も行えてとても便利です。
また、屋上では強風の恐れがございますので、十分な転倒防止策を検討したうえで設置を行います。
喫煙スペースのことなら、弊社におまかせください。

▼製品一覧はコチラから
施設別導入事例

まとめ

喫煙スペースを屋上にすることで、望まない受動喫煙を防止することができます。
屋上は、非喫煙者が通常立ち入らない場所だからです。
ただし、施設の種類によってはただ設置するだけでなく、一定の条件を満たす必要があります。
設置する際は、パーテーションを設置するとよいでしょう。
他人の視線を遮断できるだけでなく、煙や臭いの流入を防ぐのにも役立ちます。
弊社では、様々なタイプのパーテーションをご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら