屋外喫煙所・喫煙スペースの製品および納入事例、豊富にございます。
補助金・助成金申請のご相談もお待ちしております。申請についてはこちらから
健康経営と分煙対策コラム

2021.03.03 喫煙と健康
1本の副流煙で6g出生体重が減る?妊娠中の受動喫煙の影響とは

タバコの煙には様々な有害物質が含まれており、これによって様々な健康被害が引き起こされることは広く知られています。では、妊娠中の女性が喫煙するとどうなるのでしょうか?また、喫煙ではなく、受動喫煙の場合は胎児にどのような悪影響があるのでしょうか?
日本小児科学会学術集会の講演内容を基に解説します。

タバコの煙の種類と受動喫煙

タバコの煙には、一酸化炭素、ニコチン、タールなど200種類以上の有害物質が含まれています。そして、その内の約60種類に発がん性が認められています。
実は煙にも種類があり、喫煙者が吸い込む主流煙と、タバコの先端から立ち上る副流煙の2種類に分類されます。そして、タバコの煙に含まれる有害物質のほとんどが、主流煙より副流煙に高濃度で含まれていることも明らかになっています。
副流煙と、喫煙者が吐き出した主流煙が混じりあったものを環境タバコ煙(約85%は副流煙)と呼び、自らの意志とは無関係に環境タバコ煙を吸うことを受動喫煙と呼びます。
能動喫煙や受動喫煙によって妊婦の体内に流入した有害物質は、胎盤を通過して胎児にも移行して、様々な障害を引き起こします。

妊婦の能動喫煙による胎児への悪影響

ニコチンの作用で胎児が酸欠に

妊娠中の女性自身が喫煙すると、ニコチンの作用で、胎盤や臍帯、さらには胎児の血管が収縮して、母子ともに血流が減少します。その結果、胎児への酸素や栄養の共有が低下します。また、高濃度の一酸化炭素が胎児の血液中に移行するため、胎児は酸素欠乏状態に陥ります。
この状態が持続することによって、子宮内発育遅延(IUGR)、乳幼児突然死症候群(SIDS)などを引き起こしやすくなり、胎児の体重は200g前後減少すると報告されています。

奇形児のリスク

妊娠に気づいてから禁煙したとしても、胎児に重要な器官が作られる妊娠第3-8週に煙草による健康被害を与えていたことになるため、以下のような奇形の原因となる可能性があります。
水頭症、無脳症、二分脊椎、口唇口蓋裂、尿路奇形、心室中隔欠損

脳への影響

最も深刻な健康被害としては、脳へのダメージが挙げられます。
喫煙する妊婦から生まれた子供は、喫煙しない妊婦から生まれた子供より知能の発達の面で劣り、またその悪影響は成人後まで残るとの報告もあります。
具体的には、注意欠陥/多動性障害(ADHD)、後遺障害と診断される確率が高いとされています。

妊婦の受動喫煙による胎児への悪影響

受動喫煙による悪影響は、能動喫煙と同質のもので、その程度が軽くなったものと考えられています。いくつかの調査により程度を算出しているデータを以下に示します。

出生後第一尿中ニコチン濃度

新生児の第一尿中のニコチン濃度を、妊婦自身が喫煙していた場合と妊婦の夫による受動喫煙の場合とで比較すると、約7分の1になると報告されています。
ただし、出産直前は入院することになるため、家庭ではさらに高濃度のニコチンが胎児に移っていた可能性も考えられます。

羊水中・毛髪中のニコチン濃度

喫煙していた妊婦と受動喫煙した妊婦の羊水中ニコチン濃度と、胎児の毛髪中のニコチン濃度を分析した結果、それぞれ約3分の1、約5分の1と報告されています。

夫の喫煙本数と出生体重の相関関係

先に述べたように、妊婦が受動喫煙によりニコチンを摂取すると、血管収縮により胎児への栄養と酸素の供給量が減少し、出生体重に影響がでます。
妊婦の夫の喫煙本数と出生体重の間には負の相関関係が成立することが明らかになっており、その関係式からタバコ1本/日あたりの影響を算出すると、1本分の受動喫煙につき出生体重は6.1g減少することがわかっています。
身長についても同様で、1日あたり10本以上の受動喫煙で約1cm低くなることが明らかになっています。

 

調査対象 能動喫煙と比較した値
出生後第一尿中ニコチン濃度 約7分の1以上
羊水中のニコチン濃度 約3分の1
胎児の毛髪中のニコチン濃度 約5分の1
出生体重 1本/日あたり6.1g減
出生身長 10本/日以上で約1cm減

 

受動喫煙を避けるために

妊娠中の受動喫煙にはこのような悪影響があり、妊婦の方は可能な限り身を守らなければなりません。近年は公共施設での分煙も進んでいますが、稀に路上喫煙や隔離不十分の屋外喫煙所などもあります。タバコの煙は無風の状態でも、半径7メートルは広がるため、とにかく距離を取ることが重要です。また、家庭内に喫煙者がいる場合は、外で吸ってもらうなどしてニコチンを浴びないように心がけてください。

出典:妊婦の受動喫煙と胎児、子どもへの影響

お問い合わせ・資料請求はこちら