屋外喫煙所・喫煙スペースの製品および納入事例、豊富にございます。
補助金・助成金申請のご相談もお待ちしております。申請についてはこちらから
健康経営と分煙対策コラム

2021.04.16 分煙対策・受動喫煙対策
会社を全面禁煙にすれば優秀な社員の退職を防げるのか?

会社でも受動喫煙防止対策が義務化されました。
そのため、会社によっては全面禁煙にしているところもあります。
全面禁煙にするか、分煙にするかで頭を悩ませている経営者の方もいらっしゃることでしょう。
会社を全面禁煙にすれば優秀な社員の退職を防ぐことができるのでしょうか?
このコラムでは、全面禁煙によって優秀な社員の退職を防げるのかについて解説します。

会社の全面禁煙は有効か?

一般の会社でも受動喫煙防止対策が義務化されていますので、基本的には分煙するか全面禁煙するかのどちらかを選ぶことになります。
会社によっては、全面禁煙にしているところもありますが、全面禁煙は本当に有効なのでしょうか?
社員全員が非喫煙者であれば、有効と言えるでしょうが、喫煙者が一定数いるという場合には、必ずしも有効とは言えないのではないでしょうか?
喫煙者による不満が解消されないままとなってしまいます。

優秀な社員の退職を防げるのか?

大手企業などでは、全面禁煙にしているところもありますが、会社を全面禁煙にすることで優秀な社員の退職を防ぐことができるのでしょうか?
非喫煙者の優秀な社員であれば、退職を防ぐことができますが、喫煙者の優秀な社員の退職を防ぐことにはならないと考えられます。
分煙をしている会社に魅力を感じることも十分考えられます。
全面禁煙をすれば、必ずしも優秀な社員の退職を防げるとは言い切れません。

分煙にすることで共存できる環境を作る!


会社を全面禁煙としてしまうと、喫煙者の不満は募るばかりです。
そこで、ご提案させて頂きたいのが、「分煙」。
喫煙所は、基準を満たしていれば、屋内、屋外どちらでも設置することが可能です。

弊社では、様々なタイプの製品を扱っております。
喫煙者の人数、コスト、スペースなどにあわせて、それぞれの環境にぴったりの製品をご提案させて頂くことが可能です。
タバコで最も気になるのが、「臭い」。
この臭い対策として、「脱臭機」も取り扱っております。

喫煙者、非喫煙者の両方の優秀な社員の退職を防ぐためには、分煙がオススメです。
弊社の分煙対策・喫煙スペースの専門スタッフが対応させて頂きます。
ぜひ、ご検討頂ければ幸いです。

まとめ

会社でも受動喫煙防止対策が義務化されました。
そのため、会社によっては全面禁煙にしているところもあります。
しかし、全面禁煙にすると喫煙者の不満は募るばかりです。
喫煙者、非喫煙者の共存を実現し、両者の優秀な社員の退職を防ぐには、分煙がオススメ。
弊社、専門スタッフがそれぞれの環境にぴったりの製品をご提案させて頂きます。
ぜひ、一度ご検討頂ければ幸いです。

お問い合わせ・資料請求はこちら