屋外喫煙所・喫煙スペースの製品および納入事例、豊富にございます。
お気軽にお問合せ下さい。
健康経営と分煙対策コラム

2022.03.07 喫煙所コラム
道の駅に喫煙所を設置する際どのような点に注意するべきか?

遠くに出掛ける際、ドライブに出掛ける際などに便利なのが「道の駅」です。
道の駅は、トイレや自動販売機などが設置されており、多くのドライバーの憩いの場となっています。
そんな、道の駅に喫煙所を設置する際どのような点に注意するべきかを解説。
幅広い世代が利用する道の駅では、きちんとした受動喫煙防止対策が求められます。

道の駅は休憩機能を備えており喫煙所が必要

「道の駅」は、一般道路に設置されている施設で誰でも利用できます。
道の駅には、3つの機能があるのです。
① 休憩機能
② 情報発信機能
③ 地域の連携機能

トイレ、自動販売機、レストラン、売店、公園、温泉、宿泊施設などが利用できるので、ドライブに疲れた場合に立ち寄り休憩できるのが大きな魅力です。
それから、「情報発信機能」も備えています。
道路情報はもちろん、その地域の歴史や文化、オススメの観光スポットなどの情報を発信しているのです。
そして、「地域の連携機能」もあります。
文化教養施設、観光レクリエーション施設などの利用を通して地域の人々の交流を図ることができるのです。
それぞれの道の駅ごとに設置されている施設が異なりますが、地域によって個性や特色があり非常に魅力的。

このように、道の駅は休憩を目的とする人が多くなっています。
当然ですが、非喫煙者だけでなく喫煙者も立ち寄る場所です。
そのため、喫煙者が快適に休憩できるスペースとして、喫煙所の設置が必要と言えるでしょう。
喫煙所が設置されていれば、非喫煙者だけでなく、喫煙者にとってもより快適に休憩ができるからです。

▼道の駅の導入事例はコチラから
道の駅めぐみ白山

様々な世代の人々が利用することを意識して設置する


喫煙者と非喫煙者の両方が利用する道の駅では、喫煙所の設置が必要と言えます。
ですが、設置する場所や喫煙所のタイプに注意しなければなりません。
その理由は、次の通りです。
・非喫煙者も道の駅を利用するため
・子どもから高齢者まで様々な世代の人が利用するため

道の駅に喫煙所を設置する場合、非喫煙者も利用すること、子どもから高齢者まで様々な世代の人が利用することを頭に入れておかなければなりません。
望まない受動喫煙を防止しなければならないのです。
十分な受動喫煙防止対策を行わないと、非喫煙者など他の利用者からクレームを受けることになります。
実際、道の駅では自動販売機の近く、案内板の近く、トイレの近くなどに灰皿とベンチを設置しただけの喫煙所を設けて、クレームを受けた例もあるようです。
非喫煙者が利用する場所で、仕切りなどがない状態で喫煙をすると受動喫煙の恐れが高くなります。
そのため、設置する際には次のような点に注意をして設置しましょう。

・離れた場所(トイレや自動販売機、案内板などから)や非喫煙者がなるべく通らない場所に設置する
・喫煙所に仕切り、囲いなどをつけてタバコの煙がなるべく漏れ出さないようにする
・喫煙所であること、喫煙できるスペースであることを案内表示板などで明確にする

非喫煙者がよく通る場所に喫煙所を設置すると、受動喫煙が生じる恐れがあります。
なるべく、非喫煙者が通らないような場所、離れた場所などに設置するのがよいでしょう。
また、灰皿やベンチを置いただけの喫煙所では十分な受動喫煙対策が行えません。
仕切り・囲いのある喫煙所を設置し、望まない受動喫煙を防止することが大切。

その他に注意しておきたいのが「喫煙場所を明確にすること」です。
喫煙場所が明確でない場合、喫煙所の場所がわからない、禁煙場所で喫煙をしてしまう恐れがあります。
そのため、喫煙所を設置する場合には喫煙所がどこにあるのかを明確にするのがよいでしょう。
道の駅は、様々な世代の人が利用する場所です。
喫煙者と非喫煙者が混在する場所ですが、適切な場所に適切な喫煙所を設置することで、両者の共存は十分に可能となります。
「喫煙所を設置したい」「喫煙所を設置する場所を選定して欲しい」「どのようなタイプのものがあるのか知りたい」というお客様はぜひ、弊社にお気軽にお問い合わせくださいませ。
弊社には専門の分煙コンサルタントが在籍。
お客様のご要望、ご予算をヒアリングさせていただき、最適な喫煙所をご提案させていただきます。

まとめ

休憩機能・情報発信機能・地域の連携機能を持つ道の駅は、様々な世代の人が利用しています。
喫煙者と非喫煙者が混在して利用する場所です。
両者が安心して利用できる場所にするためには、十分な受動喫煙防止対策を行った上で喫煙所を設置するのがよいでしょう。
設置する場所に注意し、喫煙所に仕切りや囲いを設けて、喫煙所であることを明確にすることで共存は十分に可能です。
設置場所の選定、喫煙所のタイプなどについてのご相談は、専門の分煙コンサルタントが在籍する弊社にお任せくださいませ。

お客様のご要望・ご予算にあわせて最適な喫煙所をご提案させていただきます。

お問い合わせ・資料請求はこちら