屋外喫煙所・喫煙スペースの製品および納入事例、豊富にございます。
補助金・助成金申請のご相談もお待ちしております。申請についてはこちらから
健康経営と分煙対策コラム

2021.04.20 分煙対策・受動喫煙対策
職場での禁煙がつらい!喫煙者と非喫煙者の共存は可能か?

改正健康増進法によって、職場での環境が大きく変化したという声をよく聞きます。
法律が改正されたことによって、全面禁煙となってしまったところも多いようです。
喫煙者にとっては、職場での禁煙がつらいという声も聞かれますが、受動喫煙防止の対策を行わなければならないため、仕方がないという状況でもあります。
喫煙者と非喫煙者の共存は可能なのでしょうか?

喫煙者の悩みについて

職場には、喫煙者と非喫煙者の両方がいるのが一般的です。
法律が改正され、受動喫煙防止対策を行わなければならないため、全面禁煙にしているところも多いでしょう。
喫煙者からすると、職場で禁煙となっているため、それがストレスとなりツラいと感じている人もいます。

職場で禁煙となっているため、休憩時間などには、吸える場所まで移動しなければならず、さらにストレスを感じている人も多いようです。

問題点について

職場が禁煙となっている場合には、どのような問題点があるのでしょうか?

・喫煙者の休憩時間、席を外す時間が多い
・喫煙のために吸える場所に移動するため、連絡が取れないことがある。
・禁煙によって喫煙者がイライラすることが多くなった

などの問題があります。
とくに、職場が禁煙となっていると、吸える場所に移動するので、時間がかかる、業務に支障が出るケースも少なくないようです。
また、禁煙によってイライラしている同僚や上司がいるケースも少なくないでしょう。

喫煙者と非喫煙者の共存は可能か?


喫煙者と非喫煙者の共存できる環境としては、「分煙」という方法があります。
分煙のなかで、とくにオススメなのが、「屋外に喫煙所を設置する」という方法です。
屋内に設置することも可能ですが、設置するためのスペースや厳しい技術基準を満たさなければならないため、容易ではありません。

しかし、屋外に喫煙所を設置する場合には、いくつかの条件をクリアできれば設置することが可能なのです。

・喫煙場所が非喫煙場所としっかりと区画整理されている
・喫煙場所であることを示す標示がされている
・非喫煙者や施設利用者があまり立ち入らない場所(屋上や建物の裏など)に設置する

このような条件をクリアできれば、設置できるのです。
職場が禁煙でつらいと感じている喫煙者の不満を解消しつつ、しっかりと受動喫煙防止対策を行うには、分煙が最適と言えます。

屋内に設置する場合には、非喫煙者からの不満も多いでしょうが、屋外であればそれほど大きな不満はないと言えます。

ぜひ、屋外に喫煙所を設置することを検討してみましょう。

まとめ

職場での禁煙がつらいという喫煙者がいる場合には、全面禁煙ではなく、分煙を検討するのがよいでしょう。
分煙で、屋内に喫煙所を設置する場合には、条件が厳しいですが、屋外であればそれほど厳しい条件ではありません。
職場の喫煙者の不満を解消し、受動喫煙防止対策にもなる屋外喫煙所を設置して、喫煙者と非喫煙者の共存できる環境を整えましょう。

お問い合わせ・資料請求はこちら